ご訪問ありがとうございます! 日々ゴルフで頭がいっぱいの「ふたりゴルフ」です⛳️ 上達を目指している中での失敗や気付き、オススメ、楽しめる情報を書いていきます⭐️ どうぞよろしくお願い致します😀

全米オープンゴルフ20人の優勝予想から、まさかの初日の結果

Pocket

龍区
龍区

事前情報でも、話題になっていましたが相当難しいコースのようですね

難関コースでのメジャー初戦、144人の出場者のうち、優勝候補にあがっている20人を調べてみました♪

はな
はな

全米オープン優勝予想の20人は誰?

出典:POWER RANKINGS: U.S. OPEN

第20位 ブレンドン・トッド

冴えるショットと最高のパター、タフなコースでの強力なコンボは、オリンピア・フィールズで8位タイを獲得した。

第19位 パトリック・リード

平均以上にフェアウェイやグリーンを外す傾向があるにもかかわらず、全米オープンでは3回トップ15以内に入っている。その中で単独4位となるなど、驚異的な成績を残している。先月の試合では2度のトップ10入りを果たしている。

第18位 ルイ・ウーストヘイゼン

BMWで25位タイ。その後、休養していた。ティー・トゥー・グリーンのスペシャリスト。2015年以降の全米オープンでは2回、23位以内の成績を残している。

第17位 マシュー・フィッツパトリック

ストロークゲインドはTOURで2位。一貫性のなさが問題となっているが、彼はよく戦っている。不動の実力者。

第16位 ジャスティン・ローズ

2013年のチャンプ。2020年を通して波乱に見舞われてきた。7月に40歳になり、その年齢が影響を及ぼす可能性がある。ボールストライカーとして古典的なフォームを固める必要がある。

第15位 ハリス・イングリッシュ

先日 ストロークゲインド18位で終了し、最高のカムバックシーズンを終えたばかり。ティートゥグリーンで18位、調整後のスコアリングで9位、ボギー回避で3位。

第14位 松山英樹

パッティングの改善により、昨シーズンの締めくくりに軽快な活躍を見せた。BMWでの3位タイがハイライト。日本初のメジャーチャンピオンになるための最有力候補。

GO!! Hideki❣️

第13位 パトリック・キャントレー

オリンピア・フィールズでの12位タイで、相対的なスランプから抜け出した。堅実な姿勢で、全米オープンにのぞんでいる。過去4回出場し、トップ25入りを2回果たしている。

第12位 トミー・フリートウッド

ポルトガル・マスターズに出場し、ティー・トゥー・グリーンの力で、3位タイを獲得。2017年の全米オープン以来、12回出場し、2度のトップ5入りを果たしている。

第11位 ポール・ケイシー

2006年には単独15位に入っている。1ヶ月前の全米プロ選手権ではコリン・モリカワに、メジャー優勝を阻まれた。1打差だった。

第10位 ダニエル・バーガー

プレーが再開されてからはメモリアルを除き、一度も調子を崩していない。コロニアルでの優勝後、2位タイと3位という成績を残す。ボギー回避率10位。

第9位 トニー・フィナウ

2019−20年のストロークス・ゲイン:ティー・トゥ・グリーンで11位。メジャーでは14位(2015年)、全米オープンでの単独5位(2018年)を含む8回のトップ15フィニッシュを記録している。

第8位 ブライソン・デシャンボー

最強のロングヒッター。彼がどのようにゲームをマネジメントしていくのかを観察するのも面白い。スコアリング、セーブパーともに如何に強いかという事も軽く触れておきたい。

第7位 ローリー・マキロイ

私生活では赤ちゃんのために時間を費やしている。

今回のメジャーは父親として初めてのメジャーであり、キャリアの全盛期がまさに始まろうとしている時期でもある。

第6位 ジャスティン・トーマス

2019−20年のPGAツアーで3度の優勝。ストロークゲインド1位。ティートゥーグリーンで8位、ボギー回避で8位。メジャーではトップ25に9回入るが、優勝含めトップ10に入ったのは2回のみ。

第5位 ザンダー・シャウフェレ

イーストレイクで2年連続準優勝。大舞台での活躍を続けている。全米オープンに3度出場し、それぞれ5位タイ、6位タイ、3位タイの成績を収めている。

第4位 ウェブ・シンプソン

全米オープン2012年に優勝し、向上が止まらない。2019−20年のPGAツアーでは、調整済みスコアリング、パー4スコアリング、GIRあたりのパット数、ボギー回避数でトップ。

第3位 ジョン・ラーム

PGAツアー史上、屈指の価値を持つオールラウンドランキングで最高の2019−20年を終えた。彼はまた、感情がプレーの邪魔をしない方法を学び続けている。

第2位 コリン・モリカワ

PGAチャンプの能力は明らか。平均的なパッティングをカバーする素晴らしいボールストライカー。ストロークスゲインで5位。2019−20年のティー・トゥ・グリーンで5位。

第1位 ダスティン・ジョンソン

彼が地球上で最もホットな選手だということではない。

彼は短期記憶がない状態で活動している。
それが今回の舞台ウィングドフットの要求なのである。

龍区
龍区

世界屈指の実力者が揃う中、最近のデータを元に予測していることがわかります

さて、初日の結果はどうだったでしょうか

はな
はな

【初日の結果】 優勝予想1位と2位がまさかのピンチ!?

初日の結果パワーランキング
1ジャスティン・トーマス   6位
2Tパトリック・リード19位
2Tトーマス・ピーターズ
2Tマシュー・ウルフ
5Tローリー・マキロイ7位
5Tリー・ウエストウッド
5Tルイ・ウーストヘイゼン18位
8Tジェイソン・コクラック
8Tハリス・イングリッシュ15位
8Tブレンドン・トッド20位
8Tラファエル・カブレラベロ
8Tホアキン・ニーマン
8Tザンダー・シャウフェレ5位
14T@デイビス・トンプソン
14Tローリー・サバティーニ
14Tショーン・ノリス
14T@ジョン・バック
14Tトニー・フィナウ9位
14Tブライソン・デシャンボー8位
14Tジョン・ラーム3位
14Tリッキー・ファウラー
22Tパトリック・キャントレー13位
33T松山 英樹14位
33Tウエブ・シンプソン4位
71Tジャスティン・ローズ16位
71Tダニエル・バーガー10位
71Tダスティン・ジョンソン1位
92Tトミー・フリートウッド12位
92Tマシュー・フィッツパトリック17位
120Tコリン・モリカワ2位
120Tポール・ケイシー11位
龍区
龍区

まだ初日を終えたばかりではありますが、優勝予想とは必ずしもリンクしない結果となりました

ザック・ジョンソンの信じられないラインのパットを見たら、一筋縄にはいかないグリーンだということがわかりますね

はな
はな
龍区
龍区

このグリーンの攻略が一つの鍵になりそうですね

【動画】松山プロ初日のプレー

最初のホールでティーショット曲げてしまって、ひやっとしましたが、しっかりパーをセーブして良かったです

はな
はな
龍区
龍区

この調子で、頑張って欲しいですね!

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
全米オープン2020
最新情報をチェックしよう!